LINEで送る

妊娠中は意識して摂りたい鉄分

妊婦

妊娠すると、お母さんの血液は成長する赤ちゃんにも届けられるようになります。そのため、作られる血液の量は大幅に増えるのですが、血液中の赤血球の量がその増え方に追いつかない状態になると、血液が薄まってしまい貧血になってしまいます。よほど重篤なケースでなければ、赤ちゃんには優先的に良い血液が供給されるので、赤ちゃんが貧血になることはありません。その分、妊娠中のお母さんの血液は貧血状態が強くなってしまいます。赤血球の主成分であるヘモグロビンには鉄分が必要なため、妊娠中の貧血を改善する食べ物として、鉄分を多く含むものを摂ることが必要です。鉄分にはヘム鉄と非ヘム鉄があります。肉や魚介に含まれるヘム鉄の方が吸収率が高く、積極的に摂りたい代表的な食べ物はレバーです。吸収率が低い非ヘム鉄は、豆類や野菜、海藻などに含まれるものですが、吸収を助ける食べ物と一緒に摂ることで効果を上げることができます。たんぱく質、ビタミンCやB類、葉酸などの含まれる食品と組み合わせると吸収しやすくなるので、栄養を考えながら上手に献立を組み立てることが大切です。また、コーヒーや紅茶などには、鉄分の吸収を妨げる成分が含まれています。食後に飲むとせっかく鉄分を摂っても無駄になることになりかねないので、注意が必要です。

 

↑PAGE TOP