LINEで送る

妊娠中の鉄分の低下対策

妊婦

妊娠中にめまいがしたり、動機や息切れを感じる女性はとても多いのですが、体質が妊娠によって変わり、女性ホルモンのバランスも崩れますので体調も崩れやすくなります。しかし、めまいや動機、息切れの原因は鉄分の低下による貧血である場合が多く、病院での定期健診での血液検査で貧血を指摘される女性も多いものです。元々貧血がひどい体質の方は妊娠によってさらに症状が進んでしまうと、日中起きることもつらいと感じるほど進んでしまう可能性もあり、病院で指摘を受けたり、ご自身で症状を自覚するようになったらなるべく食生活を見直して鉄分を多く含む食べ物を摂取するようにしましょう。鉄分を含む食べ物は色々ありますので、つわりで味覚が変わる方もいらっしゃいますので、吐き気が強い時や、普段は何も感じないのに急に味覚が変わって食べると調子が悪くなるような場合は控えたり、組み合わせを変えたりするようにしましょう。食べ物としては大豆製品である納豆や豆腐などが毎日の食生活には取り入れやすいでしょう。また、鉄分を多く含む食べ物としては代表格としてはレバーになります。レバーは苦手だという方も多い食材ではありますが、鉄分を他の食材と比べて多く含むため、工夫して食べると貧血対策になります。

 

↑PAGE TOP