LINEで送る

妊娠時はより多くの栄養が必要

妊婦

妊娠すると、お腹の赤ちゃんが成長するためにも通常時よりも多くの栄養が必要となります。妊娠すると、お腹の赤ちゃんのために酸素や栄養を運ぶために血液中の赤血球が使われるようになりますが、妊娠しても血液量はあまり増えることはなく、赤血球の元になる葉酸が赤ちゃんの成長のために消費されてしまうので、むしろお母さんの赤血球濃度が低下してしまうほどです。赤血球濃度が低下してしまうと、体内に酸素や栄養を十分に運ぶことが難しくなってくるため、悪性貧血になることもあります。また、体内の鉄分が赤ちゃんの血液を作り出すために鉄分が使用されてしまうためにお母さんが鉄分不足に陥り、そのために母体のヘモグロビンを作り出すことが出来ずに鉄分欠乏性貧血を発症することもあります。貧血になるとめまいや立ちくらみだけではなく、出産時において出血多量の可能性や帝王切開、微弱陣痛になり陣痛促進剤の使用の可能性が出てきたり、産後の子宮の回復や母乳の出にも影響してきます。また、胎児にも影響があり、未熟児や低体重、虚弱体質、赤ちゃんの成長が遅れるといったことも出てきますので、妊娠中は貧血には特に注意が必要です。産院では初期・中期・後期の三回血液検査をされ、赤血球、白血球、ヘモグロビンなどの数値を検査されます。貧血診断が下されるのは、特にヘモグロビンの数値です。この数値が規定よりも下回ると、鉄剤を出されたり注射をされたりしますし、下回り方があまり大げさでなければ、食事に気を付けるように注意を受ける程度です。予防には、日ごろから鉄分が豊富な食材や鉄分が配合されているものを接触的に摂取していくといいでしょう。

 

↑PAGE TOP