LINEで送る

妊娠中の貧血には十分注意

妊婦

妊娠中は貧血になりやすいため、めまいや立ちくらみなどの貧血と思われる症状を感じたら十分に注意する必要があります。貧血を放置すると母体に影響が出るだけでなく、未熟児や低体重児が生まれるリスクが高まります。そのため、妊娠中は普段よりも意識して鉄分をしっかりと補給することが大切です。食べ物からであればほうれん草などの野菜やレバーなどのお肉に鉄分は多く含まれているため、食事の際にこれらの食品を意識してみると良いでしょう。しかし、つわりなどで鉄分を含む食品を積極的に食べられないときもあるかもしれません。そんな時はサプリを利用することがおすすめです。サプリであれば、妊娠中のつわりがひどいときでも手軽に飲むことができます。中でも葉酸が含まれたサプリがおすすめです。葉酸は赤血球を作る働きをサポートする作用があり、鉄分と一緒にバランス良く摂取することで貧血の改善効果が期待できます。また、妊娠中は葉酸を摂取することが推奨されています。葉酸を摂取することで胎児の先天性の障害を予防できるとされているためです。そのため、貧血予防の効果も一緒に期待して、葉酸が含まれたサプリを規定量しっかり摂取することが大切です。

 

↑PAGE TOP